Contenido principal

理想的な居住地域として

Valencia

スペインのバレンシアへの来訪を考えるなら、まずは地理を知っておきましょう。バレンシアはスペイン東部、地中海沿岸に位置しています。マドリッドへは西に、バルセロナへは北に、それぞれ350kmほどの距離です。人口約790.000人の、スペインで三番目に大きい都市です。空の玄関口は二つあり、バレンシア空港とアリカンテ空港があります。

バレンシアは夏には太陽が輝き、冬は寒さも穏やかな、素晴らしい地中海気候に恵まれています。年間平均気温は23度を超えるほどです。季節を問わず、快適な気温環境をお楽しみいただけます。

Horchata

グルメにおいても多様で、農作物ではオレンジ、みかん、米などが有名です。特にバレンシアは独自の米を生産することで知られています。また、ウチェル、レケナ、アリカンテの三つのワインの名産地に恵まれてもいます。

バレンシアの特産である”オルチャタ”は、チュファ(カヤトリ草の一種)をすりつぶして作られた夏の飲み物です。また、クリスマス時期に全国的で食べられるアーモンドのお菓子”トゥロン”もバレンシアにその由来があると言われています。

Valencia albufera

バレンシアの海岸は美しい青い海を有しており、リゾート地として人気です。また旧市街では、長い歴史とさまざまな文化による多種多様な建造物を目にすることができます。芸術分野に興味がおありでしたら、数多くの美術館、大聖堂などの宗教的建築、”バシリカデラ聖母”などを訪れれば、素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう。また、かつては城門として使われていた”クォートの塔””セラーノの塔”に、歴史の面影を見るのはいかがでしょうか。

旧市街のカルメン通りを散策すれば、大聖堂や世界遺産であるラ・ロンハ・デ・ラ・セダ(旧絹取引所)など、古い時代の息遣いがお楽しみになれます。

レジャー観光でしたら、”ビオパーク動物園”や”トゥリア河公園”などもお勧めです。子ども用の公園だけではなく、各種スポーツグラウンド、噴水、湖や橋などはハイキングやサイクリングに最適です。いたるところにカフェが配置されていますので、休憩の心配もありません。

Valencia museum

近代建築がお好きならば、ラ・シウダッド・デ・ラス・アルテス・イ・ラス・シエンシアス (美術科学年)をご訪問ください。オペラハウス・科学博物館・水族館など、集合美術的な建築の数々を、きっとお気に召すことでしょう。日曜日の朝にビーチを散歩するのでしたら、”パセオ・マリティモ”もお勧めです。

バレンシアには多くの祭りがありますが、中でも”火祭り”と呼ばれる”ファヤス”はもっとも重要な祭典です。爆竹と花火に彩られ、風刺的なモニュメントで町中を飾るこの催しは、毎年3月の15日から19日まで開かれています。

+ 34 676 575 122 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

This site uses cookies and similar technologies. If you do not change your browser settings, you agree to it. Learn more

I understand